トップページ 店舗のご案内 取扱商品 リフォーム/修理 購入前後に確認したいポイント 会社概要/沿革

1.巻き
「巻き」とは核(養殖真珠の芯)の表面を覆っている真珠層の厚さのこと。
真珠の耐久性という観点からも非常に重要で、真珠層の厚さは母貝の種類によって異なります。
アコヤ貝の場合は、厚さわずか0.35~0.5ミクロン位(1ミクロン=1/1000mm)という非常に薄いアラゴナイトといわれる炭酸カルシウムの結晶が1000枚以上積み重なって構成。

2.テリ(光沢)
「テリ」とは真珠の持つ輝きの事。ぼんやりとした光沢のものより、強い輝きを放つものが良質とされており、真珠層の厚さや均一性、光透過性などで変わります。また、単なる真珠表面の光の反射だけではなく、真珠の内面からの反射光が美しいものが理想的で、テリのよい真珠は映り込むものの陰がシャープに見えます。


3.色
真珠の「色」にはダイヤモンドのように統一基準がありません。アコヤ真珠は基本的に黄色、白、グレーの3グループにおおまかに分類され、白のグループにもホワイト、ピンク、ロゼ、ブルー、グリーン、シルバーなどの系統が存在します。また、上質の真珠は中心と外周部の色に微妙な差があり、全体に虹色がかって立体的に見えるのが特徴。光源によっては本来の色と違って見えるので注意が必要です。


4.キズ
シワやへこみ(えくぼ)、突起など、真珠表面の美しさを損なうものを一般的に「キズ」と呼びます。キズの数や大きさ、種類、位置によって真珠の評価は大きく左右され、キズの少ないものが上質とされています。


5.形
アコヤ真珠の「形」に対する基準はほかの真珠に類を見ないほど厳しく、ラウンド、セミラウンド、セミバロック、バロックに選別されます。丸いものほど価値があると言われていますが、近年はドロップやバロックなど個性的な変形真珠の人気も高まりつつあります。


6.サイズ
珠の直径をmm(ミリ)単位で表示したものを「サイズ」といいます。アコヤ真珠のサイズは2~10mmで、ネックレスには5mm以上がよく用いられます。通常は0.5mm単位で表示させます。上質な輝きを持つアコヤ真珠はアイテムやデザイン次第ですべてのサイズにニーズがありますが、クオリティーが同等であれば、やはり大きな珠の方が価値があるといわれています。

7.連相
「連相」とはマッチングともいわれる、ネックレスの珠の揃い方。
連相がよいとされるネックレスは、珠の大きさだけでなく色やテリなどの品質までもがよく揃っています。
重要なのは、真珠の選別と連組(珠の並べ方)の技術。それが高いと連相も自然とよくなります。

きちんとケアをすれば、美しい光沢がいつまでも維持できる真珠。何が正しいかわからず、
自己流でお手入れしている人も多いはず。だからこそ今、正しい方法を知っておきましょう。

1.使用後、すぐに柔らかい布で拭く
汗など酸性の液体に長く触れるとパール表面の結晶が溶けてテリが弱くなります。
重要なのは、使ったらすぐに柔らかい布で丁寧に拭くこと。
精製水で汗をぬぐい、クロスで拭いておくと安心です。

2.乾燥する場所には置かない
急速に乾燥すると、真珠層の構造が崩れて輝きが鈍くなってしまいます。
ストーブやエアコンのそばに置くのは厳禁と心得て!
熱にも弱いので、電子機器、家電の近くも注意が必要です。

3.酸性の液体、揮発性の薬品は要注意
ベンジン、防虫剤、芳香剤、香水など揮発性の液体や薬品とはいっしょに長期間保管しないこと。
その影響を受けると真珠が変色してしまうことがあります。

4.3~4年に1度は糸替えをすること
あまり使っていないと思ってもネックレスの糸は水分で伸びたり、珠の穴口で擦れるため、
使用頻度や糸の種類にもよりますが3~4年に1度は糸替えが必要です。
ステンレスワイヤーも傷むことがあるので交換を。

5.ほかの宝石とはいっしょに保管しない
真珠はほかのジュエリーや金属類よりも柔らかいため、硬いものと擦れ合わないように保管することが大切。
通気性も大切です。パール専用のケースがあると重宝します。